NIPのクレド

Motto -モットー-
Motto -モットー-

私たちは奈良の活性化を目指す、
総合コミュニケーション企業です。

すべての人に“ 感動”を与えます!!


「クレド」とは?
Credo -クレド-

私たち、株式会社エヌ・アイ・プランニングの社員は、オンリーワンにこだわります。

私たちは、奈良を活性化させることに喜びと責任を持つ「プロ集団」です。

私たちは、様々な職種のスタッフが一丸となり、他社の追随を許さない一歩先の企画提案を行います。そして迅速な解決力でお客様に感動を与えます。

私たちは、コミュニケーションを大切に考え、社内の声はもとよりお客様の声を活かして満足を提供します。

【私たちの喜び】

私たちは、私たちに関わるすべての人々から
“ぱーぷるをはじめとする情報発信源があるからこそ、どこよりも深く奈良の情報を知ることができたよ”
“デジタルぱーぷるによって、迅速に最新情報を検索することができたよ”
“イベントプロデュースが、一生心に残る思い出になったよ”
“どんな時でも、そのシチュエーションに対応してくれるから、安心して花をお願いできるよ”
と、言っていただくことに至上の喜びを感じます。

また上司・部下・同僚・後輩の間で
“責任ある行動をとれるようになったから、安心して仕事を任すことができる”
“様々な成功事例を共有し、喜びを分かち合えている”
と、感じることのできるパートナーであることに至上の喜びを感じます。


【従業員への約束】

株式会社エヌ・アイ・プランニングは、人材こそが、最も大切な経営資源・財産であると考え、お客様にオンリーワンのサービスを提供できる人材に育てます。

株式会社エヌ・アイ・プランニングは個人の感性を尊重します。個人の感性を磨き続け、磨かれたその個性、すなわち「その人にしか出来ない能力」を社会に還元することを最も重要なミッションとして捉え、 目標達成に向けて惜しまぬ支援を約束します。

株式会社エヌ・アイ・プランニングは、一人ひとりが常に前向きにチャレンジできる職場風土を育み、スタッフの声に耳を傾け、年齢・性別を問わない一個人の志を尊重します。

株式会社エヌ・アイ・プランニング 代表取締役 鐵東 敦史

8つの指針

株式会社 エヌ・アイ・プランニングの社員として誇りを持ち、常に8つの指針を念頭におき行動します。よりよいサービスを追求するための行動基準と目標です。

【創意工夫 〜Creative〜

時代の流れやニーズを取り入れ、他社にはできない新しいモノ・サービス・時代の流れを創り出すことです。

〜行動基準〜
 型にとらわれず新しい発想をするために、スタッフ一人ひとりが常に高い意識を持つことが大切です。そしてNIP すべての「ツール」を活かした提案を行うことが必要です。

〜目 標〜
 自らの能力・知識を常に高めるため、広い視野を持ち、進んで他者の知識と技能を幅広く吸収する努力と柔軟さを持ちます。

【顧客満足 〜Customer-oriented〜

お客様を満足させるだけではなく、さらに感動を与えることです。

〜行動基準〜
 担当者の立場で物事を決めるのではなく、お客様が何を望まれているのかを常に考え、アンテナを広げることによって、ワンランク上のサービスを提供することが必要です。

〜目 標〜
 ちょっとした気配り・心配りと「お客様を喜ばせたい」という意識を持ち、お客様の立場になって親身に対応します。
 心のこもったあたたかいサービスをチームワークで提供し、“ 感動を与えるサービス”を生み出します。

【大 使 〜Diplomatic〜

お客様を発展と向上へと導くベストパートナーになることです。

〜行動基準〜
 商品の質を向上させること、そしてより一層自分自身の能力や魅力を高め、オンリーワンの人材になることが必要です。

〜目 標〜
 チームワークを活かして効率よく業務を遂行することで、どこにも負けないクオリティの高いサービスを提供します。
 そして月に数回「ノー残業DAY」を取り入れることで、自分を磨く時間を作り、お客様にご要望以上の商品や情報を提供できるようになります。

【品 格 〜Noble〜

社会の一員として法令遵守はもとより、丁寧な立ち振る舞いをすることです。

〜行動基準〜
 まわりの人に対して常に気遣いをし、社会人として凜とした行動が必要です。

〜目 標〜
 あらゆることに対して簡潔丁寧な応対をし、自らが率先して整理整頓を行い指導する意識を持ちます。失礼のない話し方や身だしなみなど、「TPO=Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)」をわきまえた品位ある行動をとります。

【共 有 〜Sharing〜

“今”を全員が把握していることです。

〜行動基準〜
 ミーティングやコミュニケーションのほか、共有ツールを使って問題・情報・喜び・成功事例について常に話し合います。仕事をスムーズに進めていくためにも共有しようとする“ 意識とアンテナ”が必要です。

〜目 標〜
 個人の現状、お客様の現状、市場の現状など、個々が持ちうる情報を共有し、チームワークを発揮し、どこにも負けない総合サービスを提供します。

【おもてなし 〜Hospitable〜

相手のことを想いやり、真心を込めて接することです。

〜行動基準〜
 どんな時でも気持ちよく、清々しい印象を持ってもらえるよう、心がけることが必要です。

〜目 標〜
 相手の「ひとつ先の欲求」を感知し、感動を与えます。

【感 謝 〜Thankful〜

“ ありがとう”の気持ちを最も大切にすることです。

〜行動基準〜
 毎日仕事を頂ける地域・社会・取引先など、すべてに感謝することが大切です。そして仕事とは、1人で成し遂げるわけではなく、常に数名のスタッフが関わっています。共に働く仲間に感謝の気持ちを伝え合うことが必要です。

〜目 標〜
 自分に関わるすべての人が幸せな気持ちになるように“ ありがとう”の気持ちを込めて接します。また、地域への感謝として、スタッフ全員で毎月1 回清掃活動を行います。

【管理と保護 〜Well-managed and secured〜

数字・文字・言葉などの情報から個人・企業・媒体などが第三者に特定されないようにすることです。

〜行動基準〜
 業務上で知り得たこれらの情報は、在職中は勿論、退職後も許可なく開示漏洩してはなりません。管理と保護の対象となる情報とは何か、スタッフ全員で共通の認識を持つことが必要です。

〜目 標〜
 以下の取り扱いには細心の注意を払います。
1)見積書・請求書・契約書等、企業間取引上での書類。
2)売上金額・実売部数・アクセス数など社外秘となる数字。
3)顧客及び取引先の携帯電話番号・自宅住所・電話番号・メールアドレスなど、個人が特定される情報。
保管の際には鍵付きロッカーの使用、データ保存の際にはパスワード及びパスワード付圧縮の利用、破棄の際にはシュレッダーの使用、状況に合わせて最大限利用します。